ボランティア実務士

ボランティア活動の現状・動向や社会的意義について理解するとともに、活動計画、相談対応、手話やボディアクションによるコミュニケーションのしかたなどを習得し、災害時を含めたさまざまな現場で、スムーズかつフレキシブルに動ける人材を養成します。

ボランティア実務士を目指せる大学はこちら

資格取得までの流れ

資格取得までの流れ

活躍できる職種

NGO・NPOの職員、福祉施設・大学・企業などのボランティアコーディネーター、
社会福祉協議会などのスタッフなど

領域・到達目標の区分と履修すべき単位

1.必修科目(6科目12単位)
ボランティア概論
ボランティア実務Ⅰ
情報処理
プランニングⅠ
ボランティア演習(事前事後指導)
ボランティア実習Ⅰ
2.選択科目(各群2科目4単位以上)
Ⅰ群 ボランティア活動ケーススタディ
〃 防災・災害論
〃 レクリエーション技術演習
Ⅱ群 地方自治論
〃 ライフスタイル論
〃 社会福祉概論
〃 介護概論
その他、ボランティア教育に必要であると大学が判断する科目

ボランティア実務士を目指せる大学はこちら