秘書士(メディカル秘書)

メディカル秘書とはどういった業務なのかを理解するとともに、受付・会計業務、カルテ・レセプトなど医療文書作成、患者・メディカルスタッフとのコミュニケーションのしかたなどを習得し、メディカル秘書として医療現場で活躍できる人材を養成します。

秘書士(メディカル秘書)を目指せる大学はこちら

資格取得までの流れ

資格取得までの流れ

活躍できる職種

医療・介護施設や医療・介護関連企業の秘書、受付、事務など

領域・到達目標の区分と履修すべき単位

1.必修科目(2科目4単位以上)
秘書学概論
秘書実務
2.選択科目(Ⅰ・Ⅵ群を含む4群を選び、各群の必要単位をみたした計16単位以上)
Ⅰ群 「秘書実務」関連分野 4単位以上
Ⅱ群 「人間行動・情報」関連分野 2単位以上
Ⅲ群 「企業経営」関連分野 2単位以上
Ⅳ群 「現代社会」関連分野 2単位以上
Ⅵ群 「メディカル秘書」関連分野 8単位以上

秘書士(メディカル秘書)を目指せる大学はこちら