カウンセリング実務士

人間の心理メカニズムとはどういうものかを理解するとともにカウンセリングの場面で、もちいられるさまざまな技法を習得し、心の問題を解決したり、人間関係を改善するなど、現代のストレス社会におけるよきアドバイザーを養成します。

カウンセリング実務士を目指せる大学はこちら

資格取得までの流れ

資格取得までの流れ

活躍できる職種

企業、教育施設、医療施設の心理カウンセラーなど

履修すべき科目・単位

1.必修科目(5科目10単位以上)
カウンセリング実務論Ⅰ
カウンセリング実務論Ⅱ
カウンセリング実務演習Ⅰ
カウンセリング実務演習Ⅱ
カウンセリング実務実習
2.選択科目(5科目以上 20単位以上)
基礎心理学
人格心理学
発達心理学
青年心理学
教育心理学
学習心理学
人間関係論
家族関係論
組織と人間論
社会心理学
職業心理学
産業心理学
犯罪倫理学
看護心理学
老人心理学
精神医学
社会病理
臨床心理学
心理アセスメント
心理療法
音楽療法
園芸療法
性格検査法
その他、大学が定める科目単位

カウンセリング実務士を目指せる大学はこちら 

Ⓝマークについて

平成25年4月から上級を含む三資格(秘書士・ビジネス実務士・情報処理士)をリニューアルしⓃマークをつけました。単位数、申請書類等が異なる従前の資格が併存していますのでご留意ください。

資格の商標登録について

詳しくはこちらをご覧ください。
どんな資格がある?
資格が取得できる大学を探そう
君の未来を発見
モバイルサイトのご案内