生活園芸士

園芸にもちいる植物、育苗・寄せ植え、造園計画、園芸機材の取り扱いなど、園芸(ガーデニング)に関する知識・技術を習得し、家庭のガーデンづくりにとどまらず、地域のガーデンづくりもおこなえる人材を養成します。

生活園芸士を目指せる大学はこちら

資格取得までの流れ

資格取得までの流れ

活躍できる職種

ガーデナー、フラワーショップスタッフ、農業高校実習助手、造園技術職、地域の花壇・家庭菜園等の管理など

履修すべき科目・単位

1.必修科目(4科目8単位)
園芸論
ガーデニング概論
ガーデニング実習Ⅰ
ガーデニング実習Ⅱ
2.選択科目(6科目12単位以上)
土壌・肥料論
園芸植物病論
家庭菜園
ビジネス園芸
小果樹園芸
コンテナガーデン
屋上緑化
エクステリア
観賞植物素材論
食と園芸
園芸装飾実習
種苗生産学
栽培環境学
生活と環境
室内園芸
社会園芸

生活園芸士を目指せる大学はこちら 

Ⓝマークについて

平成25年4月から上級を含む三資格(秘書士・ビジネス実務士・情報処理士)をリニューアルしⓃマークをつけました。単位数、申請書類等が異なる従前の資格が併存していますのでご留意ください。

資格の商標登録について

詳しくはこちらをご覧ください。
どんな資格がある?
資格が取得できる大学を探そう
君の未来を発見
モバイルサイトのご案内