上級環境マネジメント実務士・環境マネジメント実務士

人と自然の相互関係、環境対策の現状・課題、自治体・企業・個人にもとめられるアクションなどについての知識を習得し、持続可能な社会を実現するにはどうしたらいいかという視点をつねにもちながら、環境問題に取り組んでいける人材を養成します。

環境マネジメント実務士・上級環境マネジメント実務士を目指せる大学はこちら

資格取得までの流れ

資格取得までの流れ

活躍できる職種

環境コンサルタント、企業の環境管理部門のスタッフ、省エネ・エコ商品の販売スタッフなど

領域・到達目標の区分と履修すべき単位

上級環境マネジメント実務士

1.必修科目(4科目8単位以上)
環境科学
資源循環論
環境マネジメント論
環境モニタリング論
2.選択科目(各群の必要単位をみたした計32単位以上)
Ⅰ群 「環境科学」関連分野 4単位以上
Ⅱ群 「環境応用科学」関連分野 4単位以上
Ⅲ群 「環境法・経済・政策」関連分野 4単位以上
Ⅳ群 「環境調査」関連分野 4単位以上

環境マネジメント実務士

1.必修科目(2科目4単位以上)
環境科学
環境マネジメント論
2.選択科目(各群の必要単位をみたした計16単位以上)
Ⅰ群 「環境科学」関連分野 2単位以上
Ⅱ群 「環境応用科学」関連分野 2単位以上
Ⅲ群 「環境法・経済・政策」関連分野 2単位以上
Ⅳ群 「環境調査」関連分野 2単位以上

環境マネジメント実務士・上級環境マネジメント実務士を目指せる大学はこちら