秘書士(メディカル秘書)

この資格の詳細をチェック!

秘書士(メディカル秘書)

この資格をいかせる職種・業務

●病院幹部秘書

院長や医局長といった病院幹部が自らの業務に専念できるよう、診療に関する連絡・調整、スケジュール管理、出張手配、来客接遇、各種文書作成など、秘書業務全般をおこないます。

●メディカルクラーク

病棟のナースステーションなどにおいて、必要な医薬品や備品の発注・準備、区分・整頓、管理などをおこないます。

●受付・診療報酬請求事務

もっとも重要なものとして、診療の案内や問い合わせへの対応といった受付・接遇業務をおこないます。また、レセプトの作成や診療報酬の計算といった会計・請求業務をおこないます。

この資格のアピール・ポイント

医療機関の現場において、患者接遇および患者サービスは、これからますます重視される分野であることから、秘書士(メディカル秘書)は将来性があるとともに、やりがいも感じられる資格であるといえます。