上級情報処理士・情報処理士

この資格の詳細をチェック!

上級情報処理士・情報処理士

この資格をいかせる職種・業務

●システムエンジニア、プログラマ、システムの運用・管理

企業における業務に関して、ヒアリングや調査を実施し、その内容をもとに、情報システムの企画・設計・開発などをおこないます。また、情報システムのユーザー側の運用・管理などもおこないます。

●一般事務、営業事務

パソコンや情報システムを活用して、効率的かつ効果的に仕事をすすめます。自分の仕事はもちろん、部署の仕事の業務改善などを、パソコンを活用して推進するなど、情報化推進リーダーの役割をはたします。

●システムサポート、インストラクター

情報商社や情報系企業において、パソコンやネットワークの導入を支援するサポート業務や、ユーザーにパソコンやソフトウェアの使用法を教育するインストラクター業務をおこないます。また、ユーザーからのパソコンやネットワークについての問い合わせに対応する業務もおこなえます。

この資格のアピール・ポイント

パソコン、ネットワーク、情報システムなどについて詳しいこと、また、これらを活用して、効率的かつ効果的に仕事をすすめられる情報化推進リーダーとしての能力を身につけていることを示す資格です。パソコンや情報システムを自分の仕事に活用できるだけでなく、部署の仕事の情報化を推進できるなど、確かな情報活用能力を発揮し、強みにすることが可能です。