生活園芸士

この資格の詳細をチェック!

生活園芸士

この資格をいかせる職種・業務

●ガーデンプランナー、ガーデナー、庭師

造園会社などで、庭の設計・施工・維持管理などをおこないます。植物についてはもちろん、日本式庭園からイングリッシュガーデンまでといった庭園様式についても、幅広い知識と技術が必要です。

●グリーンコーディネーター、グリーンアドバイザー、フローリスト

園芸会社や生花店などで、切花、鉢物、花苗、野菜苗などを取り扱います。顧客のニーズを的確にとらえたうえで、フラワーアレンジメントの作成や、ガーデニングの助言をおこなうこともあります。

●介護福祉士、福祉施設指導員、授産施設指導員

福祉施設で、障害者や高齢者といった入所者の日常の介助・支援をおこないます。最近では、療法のひとつとして園芸に取り組む施設が増えており、専門の知識をもった人材がもとめられています。

この資格のアピール・ポイント

園芸関係はもちろんのこと、最近では、園芸をリハビリテーションなどに利用している福祉関係でも注目されており、幅広い分野での活躍が期待できます。また、生活園芸士資格を取得する際に身につけた知識・技術は、プライベートで庭や家庭菜園をつくるときにも役立てられます。