和野内崇弘名誉会長が10月17日にご逝去されました。

和野内崇弘名誉会長は、病気療養中だったところ、10月17日、肺炎のため84歳で死去されました。昭和48年本協会設立メンバーとして尽力され、平成10年から本協会の会長を務め、社会的に役立つ人間力を備えた実務教育課程の資格授与、実務教育研究調査研究の推進、大学・短期大学における実務教育の基礎を築かれました。
また、本協会が支援している日本ビジネス実務学会(旧日本秘書学会)の2代目の会長として、実務教育研究の発展に深くかかわってこられました。
本協会に対する多大なご尽力に敬意を表し、ご冥福を心からお祈りいたします。


どんな資格がある?
資格が取得できる大学を探そう
君の未来を発見
モバイルサイトのご案内